ネット回線の契約までの悩み

ネット回線は今の生活の中で欠かせないものとなりました。

WEB広告やテレビCM、など生活中で沢山の情報があります。

ここでは、私の実体験と悩む事の2点をお話できればと思います。

(実体験)

まず、私がひとり暮らしをして契約した1社について、お話できればと思います。

5年ほど契約をしたのは、”NURO光”という今よく耳にするところです。

ここはSONYが運営してい大手という安心感はありました。

実際使ってみて、ネットの遅延や止まったりなどはありませんでした。

在宅ワークで使用頻度が多くなっても問題なかったです。

ただ、ネガティブポイントは、線を引き込む工事です。

室内・室外と2回必要でした。予定が合わない場合は2日にわけて

作業を行わないといけません。

解約する時も同じです。2回必要となります。

それぞれ担当する委託業者が違う為だそうです。

それをする時は、立会が必要となるので急に引っ越しだったり

仕事の都合で日程が難しいなど発生してきます。

ドコモ光への乗り換え・切り替え方法

また解約時に引き込んだ線を取り払う必要があるのですが

それの作業費も1万以上かかってきました。

最初の契約時には、考慮せず契約したので後悔しました。

(1社契約して使ってみたけどそれでもの悩み)

引っ越すことが決まって、賃貸を見ていましたが

“ネット使用無料”というところです。

住民がみんな無料になるので、回線が混むという事が発生します。

混んでネットが遅延することは、在宅ワークではとてもストレスなことです。

また、自分が使いたい違う回線をいれていいのか問題。。

不動産に違う回線を引き込んでいいか聞くと、最近の傾向として

嫌がられるそうです。その場合、ネット遅延の対処法がわからないので、借りるときも

不安な点ですね。

以上が私の実体験と悩みです。

よろしくおねがいします。


ネット回線の悩みWiFi

我が家に起こった大変な出来事です。12月の半ば突然WiFiが繋がらなくなり、その時は自分の携帯電話だけなのかな?と思って今までにも同じように突然WiFi繋がらない事件が起こったので「またそのうち繋がるだろう」と楽観的に考えてました。

ドコモ光の速度や料金への悪い評判は本当?良い評価の口コミと合わせて徹底調査!

暫くしても携帯のWiFiが繋がっていないことに気付いて、旦那さんが持ってるiPadのWiFiの確認をしてみたらそれも4Gになっててこれは大変だ??と思ってまずGoogleでどうしたら直るか調べてその通りにルーターとかの接続機器のコンセント差し替えたり、電源OFFにして付けたり、再起動のボタン押してみたり、出来ることは全てやりましたが結局状況は何も変わりませんでした。

弟が、割と機械のことに詳しかったので相談してみたらWiFiの機器は正常に点滅してたのでWiFiの電波は飛んでるけどルーターが壊れてたら繋がらないということが分かって、でも我が家は家の事は全て旦那さんが管理しるので私ではどうにもならずその日は旦那さんも泊まりの仕事で帰らないので一旦そのままに、息子たちも仕事から帰ってきてやっぱり繋がってない。

完全に壊れました。パソコンもゲーム機のSwitchもネットが繋がらないのでYouTubeも見れないって嘆いてました。携帯はみんな20ギガ以上あったので大丈夫でした。

旦那さんが帰ってきても直ぐに直るかわからなかったので3日位は我が家はWiFi無し生活になりとっても不便でした。形あるものはいつか壊れる。けど今の世の中ネット環境無いとホントに困りました。以上!我が家の体験でした。


回線速度と料金プランのバランスの悩み

今やインターネットなしでの生活はあり得ない。職場ではもちろんのこと、自宅でもネット回線が必要となっている。特に一昨年からのコロナ禍により、在宅勤務が増えてリモートワークなどオンライン上での作業やコミュニケーションが当たり前となりつつあり、自宅でのネット環境も今後はさらに重要な時代を迎えつつある。

最近の賃貸物件の多くはインターネット回線が当初から整備されていることが多いが、自宅は持ち家であることから、ネット回線の接続工事を依頼しなければならない。現在、別のネット回線に乗り換えようかと家族で検討中である。

ドコモ光の速度や料金への悪い評判は本当?良い評価の口コミと合わせて徹底調査!

悩む要素はひとつではなく様々にある。解約手続きの面倒さ、プランの違いの煩雑さ、申込み手続きの不便さ、初期費用の負担、選択したプランが地域に対応しているか、アフターサービスがしっかりしているか、どの通信会社が信頼・信用できるかなど、多岐に及ぶ。しかし一番の悩みは回線速度と料金のバランスである。当然、高い料金プランの方が、回線速度が速くストレスを感じなくて済むであろうが、経済的な負担も大きい面もある。私も含めて家族は現在のところ、リモートワークをしていない。またプライベートにおいても時々ニュースを閲覧したり、ネットショッピングや、検索エンジンで、調べ物をする程度である。長時間で大容量の動画や映画などを観ない限り、回線速度の速さはそれほど問題にはならず、むしろ料金プランの無駄遣いになる。だからと言って、最安値の料金プランや、安さばかりを強調している通信会社は信用にどうしても欠けるところがある。

今は通信会社がしのぎを削っているらしく、会社そのものが多い上に料金プランの選択肢が非常に多い。またIP電話などとのセットプランの提示も多く、パンフレットを眺めていても理解するだけで一苦労である。担当者の方に直接聞いても専門用語が多く、返って頭が混乱することが多い。料金プランの選択肢が多いことは自由度が増えて有り難いことではあるのだが、その分、回線速度と料金のバランスが難しく、悩みは尽きないところである。