好きになれなかった自分の髪

私は昔から剛毛で髪の量が多いです。シャンプーのコマーシャルでストレートロングヘアの女性が髪をなびかせるのにとても憧れていました。
自分もああなりたいと思ってブラッシングしまくったりしましたがいっこうにサラサラのロングヘアにはなれませんでした。
むしろ散切り頭という言葉がぴったりでした。
そんな自分の髪質が嫌いでした。

フッサ育毛剤

高校生の頃ポニーテールがはやりみんな可愛くまとめ、おしゃれなリボンをして競い合っていました。
私も果敢にポニーテールに挑戦してみましたが、ポニーというよりは道産子のしっぽという残念な結果になってしまいました。

髪の量が多いとシャンプー後も大変です。
ドライヤーを使ってもなかなか乾かないのです。
疲れて完全に乾かさないで寝ると朝起きた時、髪は爆発しています。
もうどうにもなりません。

年をとれば髪の量が減ると聞いたことがあるのですが、50歳になっても髪の量は変わりません。
美容師さんに髪の量が多くておまけに太いから大変と話したことがあります。
するとこの年齢で量が多くて太いのはむしろいいことだと言われました。
年とともに髪も?せるらしく、印象として老けて見えてしまうとのことでした。
また、女性でも薄毛に悩んでいる人もいるとか。
そういった悩みは今のところないので以前よりは自分の髪が嫌いではなくなりました。
好きになったかというとそれはそれで違うのですが、折り合いをつけたといったかんじでしょうか。


髪の悩みは美容室のプロに聞くのもアリ。

私は今ロングヘアーなのですが、トリートメントをしてもすぐにパサパサになりドライアーで乾かすときにいつも絡まってしまい、綺麗に乾かせず引っかかって髪の毛を抜いてしまったり、乾かすのに長時間かかってしまっています。

http://www.helenmasacz.com/

今は髪の毛を切りに行くのもめんどくさく、今は気温も寒くなってきたので切ってしまったら寒いのもあって伸ばしたままにしています。ロングヘアーの自分は滅多にないのでどうせならもっと快適に過ごしたいです。私の髪の毛は結構太めで毛量も多いので痛んでしまうと本当にからまりがひどいです。

美容室の方によく言われるのは髪の量の多さと、頭皮が硬くなっているのと、毛先が痛んでいると言われた事があります。普段自分の髪のケアを怠っていたなと美容室に行くと毎回反省をしています。

美容室に行くとプロの方の話を聞けるので、髪の悩みなど聞いてもらいアドバイスを受けて改善していくのもありだなと思いました。なるべくシャンプーは市販じゃないものの方がいいとお勧めされましたが、そんなお金はないので、市販でも綺麗な髪を手に入れたいので、なるべく成分が自然のものだったりノンシリコンの物を選ぶようにするのと、日頃の生活習慣も髪のために見直していけたらと思いました。