オイリー肌だと思っていたら実は…。

30代になってからファンデがムラになることが増えてきました。
私の肌はどちらかというとオイリー肌だったので、それが原因かも…と。
オイリー肌だと思ったのは、ファンデを塗るとテカリが出てしまうし、
揚げ物が大好きだったからです。

レナセルクリアセラムは販売店で市販されている?話題の美容液の購入方法から効果口コミまでを全暴露!

接客業で容姿にも気を遣うようにしていた私は、揚げ物を控え、
メイク直しのたびに念入りにあぶらとり紙を使用しました。
ところが時間がたって鏡をみるといつもTゾーンのあたりや目元がヨレています。
これではいけない!と化粧下地やファンデを変えてみることにしました。

最初はドラックストアで化粧品をそろえていたのですが、これを機に、
美容部員さんに適切な化粧品を選んでもらおうと、デパコス売り場に足を運ぶことに。
美容部員さんはまず、肌診断をしてみましょうと肌を見てくれました。
そこでわかったことは、私はオイリー肌ではなく実は乾燥肌だったということです。

保湿が足りていないのに、そこのケアをすることもなく
あぶらとり紙で肌を拭きまくっていた私…。
その日は乾燥肌用の基礎化粧品を購入して家に帰りました。

あれから数年、試行錯誤の毎日ですが以前ほどの肌トラブルは改善され、
自信をもって仕事に専念できるようになりました。
ですが、冬場は気を付けないとすぐに肌が悲鳴をあげてしまいます。
エアコンの乾燥は中々の強敵です。日々の保湿は怠らないようにしないといけませんね。