花粉症で肌のかゆみと鼻水のダブルパンチ

花粉症で鼻水が出るのはまだ仕方がないのですが、最近は肌もボロボロ、カサカサになるようになりました。ポラッシュ

メイクに花粉症がくっつき、荒れてしまうらしく、肌がゴワゴワとした手触りになり、ニキビもできやすくなってしまいます。メイクをしなければ、それほど花粉が付かないようですが、ノーメイクで外出するわけにもいかず、困っています。

鼻をかむことにより、肌が赤くなっているところに加え、頬も花粉による荒れでボロボロとしています。最近はどうしても痒いときには、メイクのことは気にせず、洗顔することにしました。水で汚れが落ちていることと、冷たい水のクールダウン効果によって、かゆみがだいぶ収まっている感じがします。

花粉症を根本的に直す減感作療法(アレルゲン免疫療法)という方法があるらしく、少し興味がありますが、どうしようか迷っているうちに、なんとなく花粉症シーズンが終わり、解放されることを繰り返しています。

減感作療法(アレルゲン免疫療法)は、アレルギーが起きる物質を長いあいだとり続けて、そのうちアレルギー反応がなくなるという方法のようで、耳鼻科などにずっと通わなくてはいけないものらしいです。毎日アレルゲンをとることには抵抗があり、本当に困ったときにやろうかなという気持ちになってしまうのです。