20代でも薄毛に悩む人は多い

薄毛は中高年が悩む症状と思う人もいるかもしれませんが、20代でも悩んでいる人は意外に多くいます。とはいっても、中高年と20代では薄毛となる原因も傾向が異なるようです。中高年の薄毛は、主に男性型脱毛症と呼ばれるAGAという症状です。

http://www.44gallery.com/

しかし、20代ではこの症状で薄毛になっている人は少なく、主にストレスや乱れた食生活、睡眠不足で薄毛になっている人が多くいます。20代前半ではまだ社会人になって日が浅いため、上手く職場に適用できずにストレスばかりが溜まっている人もいるでしょう。ストレスを感じると血管が収縮するので血流悪化につながります。頭皮の血流が悪化すれば、上手く栄養が運ばれずに薄毛となってしまいます。

また、乱れた食生活も薄毛の原因です。20代は、友達と外食を頻繁にしている人が多いですし、まだ結婚をせずに独身も多く、親元を離れている人は栄養バランスの悪い食事をする人も多いです。このことで、髪の成長に必要な栄養が摂取できずに薄毛になってしまいます。さらに、夜更かしをして睡眠不足になることも薄毛の原因です。睡眠は髪の成長にも欠かせません。そんな大切な睡眠時間が減れば、当然ですが薄毛の原因となります。20代で薄毛で悩んでいる人は、上手くストレスを解消し、栄養バランスの良い食事をして十分な睡眠をとるようにしましょう。