グレーヘアってどうなの?

 40代以降、白髪が少しずつ増えてきました。当初はそのままにして、染めずにいました。しかし、人前で話す仕事を生業としていたので、どうにも気になり、結局髪を染め始めました。美容院でカラーリングをしていたので、トリートメントもプラスしていました。髪がつやつやになりかなり気分がアップしました。そのまま、10年近く、髪を染め続けていましたが、転職し、在宅で仕事を始めてみると、髪を染めるとこが億劫になり、やめてしまいました。

ボタニカルエアカラーフォームの購入効果

美容院での待ち時間が、とても長く感じられるようになってしまったのです。それから1年以上経ち、現在の状態は、ごま塩頭です。よく言えば、グレーヘア。

 グレーヘアの利点は、年相応にみられること。私はやや童顔なので、以前は、実年齢マイナス10歳くらいに見られていました。若く見られることはいいことなのか?というのは、立場によって違うでしょう。私自身は、仕事を続けていく中で、あまりにも実年齢より若くみられると、威厳が保てないなどの弊害があると考えていました。現在はその点では、問題がなくなりました。では、グレーヘアの不利な点とは何でしょうか。それは、セルフイメージへのネガティブな影響です。

どういうことかというと、鏡を見ると、そこに年老いた自分を見ることになるのです。年齢を重ねてきたというのは客観的な事実ですが、年老いているというのは、イメージです。鏡の中にグレーヘアを見るとき、とっさに、年老いている、という認識が出現するのです。でも、よくよく鏡を見てみると、そこまで老けてはいないのです。

 グレーヘアの現状を維持していくのか、また染めるのか。時々、迷いの渦に巻き込まれます。