ニキビができる原因とその対処法について説明します

中学生や高校生になって、思春期をむかえる頃にできるニキビ。

ニキビができると肌もキレイに見えないし、ニキビが治ってもニキビ跡がしばらく残り続けてしまうので、かなり厄介だと思います。

ニキビができる原因はさまざまですが、睡眠不足やストレスによるホルモンバランスの崩れなどが考えられます。

高校生になると何かと夜ふかしをしてしまうことも多いのではないでしょうか?

カラオケや自分の好きな趣味などでストレス発散をして、しっかり睡眠時間を確保するようにしましょうね。

他にも、肌の乾燥が原因でニキビができてしまう場合があります。

肌が乾燥を防ぐために大量に皮脂を分泌してしまい、その皮脂がニキビのもとになってしまうのです。

そのため、肌に皮脂を分泌させないことが重要になってきます。

洗顔をした後にしっかり化粧水や乳液、クリームなどで保湿して、皮脂の過剰な分泌を防ぐようにしましょう。

ですが、クリームなどをつけすぎるとクリームに含まれた油分によってニキビができやすくなってしまう可能性もあるので、クリームを肌につけ過ぎないようにも注意してくださいね。

また、ニキビ跡が今でも残っていて、どうしても気になってしまうという人は、BBクリームの使用をおすすめします。

BBクリームは肌の色を均一にしてキレイに見せてくれるので、ニキビ跡も薄く目立たなくすることができます。